So-net無料ブログ作成
ナンパ実践記 ブログトップ

ナンパ実践記 女優清水美沙似のアラサーを即日ゲット [ナンパ実践記]

どうも真山です。

今日は、ナンパ実践記 女優清水美沙似のアラサーを即日ゲットを
紹介します。


■■ 

2011年5月18日(水) 渋谷晴天

今日は、大学院生S君をナンパ指導。

何度か指導して、やっと声をかけられるように
なったが、まだ、一人だと地蔵になってしまうので、
一緒にナンパをしてほしいと連絡がくる。

待ち合わせ時間の30分前に到着。

そのあいだ、ウォーミングアップにナンパを試みる。

人の流れを見て、ターゲットを物色する。

目の前を、携帯を見ながら、
ゆっくり歩いている女性を発見。

少し尾行。

あっやばい!

デパートの中に入られてしまう。

急遽、入り口で声をかける。

いつものセリフで笑わせる。

反応は良かったが、彼氏と待ち合わせとのこと。

アドレス交換もできずに引き返す。

遊んでいるうちに、S君がやってくる。

早速、イケソウな女性を指さして、
ナンパをしてもらう。

話を聞いてくれるし、返事もしてくれている。
歩く速度もイイ感じ。

3分ほど話して、ダメだったと引き返してくる。

やっぱり諦めが早い。

もっと押せば、アドレス交換くらいできるのに・・・

良かった点、反省点を教える。

手頃なターゲットを発見。

映画館の前で、映画の告知を見ている。

絶対イケルとS君に暗示を吹き込む。

ファーストコンタクトで女性に笑みがこぼれる。
幸先がいい。

また、すぐに引き返してくる。
なんで!?
女性の表情から、アドレス交換くらいできると力説する。

再アプローチをするように追い返す。

S君「なんて言っていいんですか?」

俺「やっぱり諦め切れなくてって言えばいいんだよ」

モジモジしている所を女性に見られる。
俺も一緒のところを見られたので、
完全にナンパと思われ、彼女の表情が硬くなる。

THE END。

イケる雰囲気が分かるまで、もっと数をこなさないと。

連れ出しまでのセリフをiphoneにメモ。

俺「棒読みになるからセリフは丸暗記しなくていい。」

俺「流れは分かったでしょ?」

S君「はい」

俺「あとは、S君なりにアレンジしてみて」

次のターゲットを指名する。

S君がナンパしている、斜め後ろに、
俺好みの女性が視界に入る。

暇なので、声をかける。

顔を見たら、アラサーぽい。

ファーストコンタクトで笑顔が溢れる。
ナンパされて嬉しかったのだろう。

すぐにイケルと判断したので、
ダラダラ会話せず、連れ出しクロージング。

俺「これから、どこ行くの?」

女「いや、とくに」

俺「じゃあ、10分だけお茶に付き合って」

女「う~ん」

俺「俺の友達がくるまででいいからさ」

女「うん」

俺「あっ、やっぱりカラオケにしよう(笑)」

女「えっ、友達は?(笑)」

俺「かなり遅れるみたいだから。また連絡くる」

カラオケ店で2時間コースを申し込む。

十分ほどして、S君からメール。

「僕のことは、気にしないでください。
20時まで、頑張ろうと思います。」

1時間ほど、会話をして、少し歌う。

彼女が歌っているときに、彼女の膝の上に手を置く。

嫌がる素振りをみせないので、そのまま置き続ける。

しばらくたって、今度は手を握る。

すんなり握れたので、即日ゲットを確信。

彼女の過去の仕事や恋愛話を聞く。
つらい過去の体験を話しているときに
頭をなでる。

頭をなでる時、体を近づけたら、
一瞬仰け反ったので、キスは時期尚早と判断。

あっという間に2時間が過ぎ、腹が減ったので
飯を食べに行く。

いつもの居酒屋へ

ちょうど角のカウンターが空いていたので
そこへ着席。

話をするときも、手は彼女の太ももに置く。

だんだん時間が経つにつれ、太ももに置いた俺の手を
彼女が両手で重ねてくる。

平日の深夜ということもあり、客が少なくなってきた。

再度注文を頼もうと、メニューを見ていると、
彼女が覗き込んできたので、ホッペにキスをする。

嫌がる素振りも見せなかったので、
口にキスをしようと試みる。

笑いながら、仰け反ってかわされる。

絶対キスできる雰囲気だったので、
追い討ちをかけてキスをせがむ。

唇と唇が軽く触れる。

何度か小鳥キッスをしてから、ディープキスへ。

・・・

続きを読む

http://ameblo.jp/kankisystem/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
ナンパ実践記 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。