So-net無料ブログ作成
検索選択

ナンパコンサル 35歳沢村さん、初ナンパで1連れ出し5番ゲ!

どうも、真山です。

今日は、ナンパコンサル 35歳沢村さん、初ナンパで1連れ出し5番ゲ!を
紹介します。


■■ 

2011年10月○日

17時 

今日は、35歳のカイロプラクターの
沢村さんをコンサルする。
今までナンパをしたことがない。
そもそも、ナンパで出会うなどという
概念が無かったそうだ。

なぜナンパをしようと思ったのか
というと、真山に会って信頼できると
思ったことと、出会う女性が仕事場、
友達からの紹介と限られているので、
その閉塞感を打破するため。

問診した後、沢村さんに合った
スクリプトを作成する。
早速、ナンパをしてもらうため現場へ向かう。

大学院生のS君も一緒にコンサルするので、
S君を沢村さんに紹介する。

まずS君にナンパをしてもらう。
1人目、玉砕。
S君が戻ってくる。

S君「なんか今日、上手くいきそうもありません・・・」
  「なんて声かけたらいいんですか?」

真山「はぁ!?いつも通りでいいんだよ」

S君「ここ1週間、ナンパしてなくて、
どうやって声かけたか忘れちゃいました」

真山「じゃあ、もう止めよう」

S君に教えるのを早々切り上げる。
沢村さんにネガティブが移るのを防ぐのと、
あまりに不甲斐ないので、教える気が失せてしまった。
何カ月もナンパを教えてもらった人の言う
セリフでは無い。

真山「今日、S君、まったくダメなので、
   早速ですが、沢村さん、声かけてみましょう」

沢村「えっ!もうですか?(笑)」

真山「大丈夫です(笑)」

数人に、声をかけてもらうが失敗。
手頃な感じのターゲットを探す。
イケそうな可愛らしい女性を見つける。
服装がOLみたいなので、仕事中かと思ったが
とりあえず声をかけてもらう。

反応は良い。
女性は立ち止まり、聞く体制となる。
注意深く見守る。
数分話しこんで、番号交換。

沢村さんが帰還。

真山「番ゲできました?」

沢村「できました(笑)」

真山「初番ゲですね!おめでとうございます(笑)」

沢村「ありがとうございます(笑)」

真山「仕事中でした?」

沢村「いや、ブラブラしてるみたいです」

真山「えぇぇ、もったいない。お茶誘いました?」

沢村「はい。でも初めて出会ったからって
   断られてしまいました」

真山「でも、番ゲできたので良しとしますか(笑)」

沢村さんが1カ月くらい経験を積んでいれば、
お茶連れ出しも楽にできただろう。

その後、30分ほど、
数人に声をかけ続けるが失敗。

沢村さんは、声をかける時、
躊躇もしないし、距離感も良い。
この感じで、声をかけ続ければ、
きっと上手くいくと確信する。

場所を移動しながら歩いていると、
綺麗系のアラサー女性を見つける。
キョロキョロしているので、
店でも探しているのだろう。
イケそうなので、声をかけてもらう。

反応は良い。
女性は嬉しそうだ。
女性の顔を見るため近づく。
綺麗な女性だ。
二人の楽しそうな会話が聞こえる。

10分ほど会話をし、
沢村さんは、携帯を取り出す。
女性が電話番号を言っている。
教えてもらった電話番号に、
沢村さんがかけて、確認する。

さらに5分ほど話しこみ、
沢村さんが戻ってくる。

真山「楽しそうでしたね!
   なんで連れだせなかったんですか?」

沢村「忘れ物を取りに来ただけで、
   すぐに帰宅しないと行けないみたいです」

真山「2番ゲ!ですね(笑)」

沢村「おかげさまで(笑)」

真山「綺麗でしたね」

沢村「はい。30歳くらいの綺麗な人でした」

真山「このままの調子を維持して、
   あとは、どんどん声かけるだけです」

さらに10分後、綺麗系の女性を見つける。
また、声をかけてもらう。

女性と並んで歩く。
拒否反応は無い。
うまくいっているのか分からない。
二人の跡を追う。

しばらくして、二人は立ち止まる。
番号交換をしているみたいだ。

真山「スゴイですね!3番ゲですね!」

沢村「楽しくなってきました(笑)」

勉強でもスポーツでも何でもそうだが、
楽しいと感じれば上達は早くなる。
ナンパは難しく、怖いものではないと
思わすことができ、ホッとする。

クライアントが喜んでいる姿を見るのが
教えている中で、一番楽しいし、嬉しい。
ナンパで素晴らしい女性に巡り合って欲しい。

・・・


更に詳しい続きは、こちらをクリック

http://form.os7.biz/f/4f7ef66b


教え子のW大学院生S君の奮闘記
受付嬢の次は清楚系美人秘書をゲット!

http://ameblo.jp/s-graduate/entry-11018592992.html


今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう。

ナンパ質問 48歳の既婚者でもナンパできますか?

どうも、真山です。

今日は、ナンパ質問 48歳の既婚者でもナンパできますか?を
紹介します。


■■

>真山さん、はじめまして、僕は48歳で既婚です。
ずっとやってみたいと思っていたのですが
いまひとつ勇気がなく、ナンパは経験したことがありません。
年齢的にもハンデはあるかと思いますが、このような僕でもナンパは可能でしょうか?


ほとんどのクライアントは、未経験者です。
最近は40代男性のナンパ希望者が増えてきました。

ナンパをしたいという気持ちに
年齢は関係ないです。
心の声に従って生きれば、
人生うまくいくと思っています。

彼女から聞いたのですが、
デパートで、60歳くらいの男性に
ナンパされたそうです。
40代、50代でも、ナンパで、
若く素敵な彼女、愛人を手に入れた人もいます。

街を歩いていると、
親子ほどの年齢差がありそうな
恋人同士を見かけることも多々あります。

年齢が高い・・・
結婚している・・・
外見が悪い・・・
など、自分自身でリミットを設けてしまうのは、
非常にモッタイナイです。

Kさんの言うように、
世間一般では、20代男性の方が、
ナンパをするのに有利かもしれません。
しかし、女性の中には、30歳以上の男性に
魅力を感じている人も沢山います。

以前、アラサーの女友達が、
小泉元首相とエッチできると言っていたので、
思わず笑ってしまったのですが、後日、
別の女友達に、そのことを話したら、
その気持ち分かる、ということでした。

当時、小泉元首相の年齢は60くらいでした。
女性は男性が年齢を気にするほど、
たいして気にしていないものです。

60歳に比べ、Kさんは、まだまだ若く、
老けこむ年では無いです。

Kさんと同い年の男性をコンサルするので、
今度、ご紹介します。

年齢を気にして、自ら可能性を
潰してしまうのはモッタイナイこと。

ナンパをした、その女性と話してみるまで、
どんな男性がタイプなのか誰にも分かりません。
もしかしたら、20代が好きかもしれないし、
30代、40代、50代が好きかもしれません。
Kさんの年代の良さを分かる女性は、必ずいます。

年齢が高くても、オシャレであれば問題ありません。
年齢よりオヤジ臭い外見でなければ大丈夫です。
年齢より、服装に気を配るようにしてください。

ただ、注意すべき点は、若い世代のファッション
真似することは止めて下さい。
Kさん世代の良さが消えてしまいます。

Kさん世代のファッション雑誌を購入し、
色の組み合わせなど参考にしてください。
また、女性に人気の芸能人の服装、言動を
注意深く観察してください。

もし、ファッションに自信が無くても、
御安心ください。
コンサルでは、ファッションも
アドバイスさせて頂きます。

ナンパをやりたい!という気持ちは、
何年たっても消えることはないでしょう。
おじいちゃんになって、あの時やっておけばよかったと
後悔するなら、今飛び込んでみてはいかがですか。
人生は死ぬまでチャレンジです。

ナンパの世界には、宝がゴロゴロ転がっています。
一緒に宝探しに行きましょう!

御縁に感謝しています。
ありがとうございました。

真山

・・・


更に詳しい続きは、こちらをクリック

http://form.os7.biz/f/4f7ef66b


教え子のW大学院生S君の奮闘記
受付嬢の次は清楚系美人秘書をゲット!

http://ameblo.jp/s-graduate/entry-11018592992.html


今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう。

ナナンパメルマガ読者と会談 大学生22歳T君、会社員23歳S君part2

どうも、真山です。

今日は、ナンパメルマガ読者と会談 大学生22歳T君、会社員23歳S君part2を
紹介します。


■■ 

~part1からの続き~


T君と2時間ほど、お茶をし、
お腹が空いたので、夕飯を食べに行く。

食べ終わった後、S君との待ち合わせまで
少しナンパをする。
数人声をかけたが反応はイマイチ。
一人、彼氏と3年同棲中のカワイイ女性と
番号交換する。

最近は、コンサルばかり時間を取られ、
自分でナンパすることがなかったので、
エンジンのかかり具合が悪い。
定期的に自分がナンパをする時間を
作らないといけないと痛感する。

20時
23歳のS君がやってくる。
大学生T君を紹介する。

S君のナンパ歴などを立ち話。
上京1年目で今年の6月からストナンを始める。
週1のペースでナンパをするが、
番ゲが20人に1人くらいしかできない。

気分が乗らないと、3人ほどナンパをし、
すぐ引きあげてしまう。

付き合った女性は3人。
合コンも頻繁にやっているので、
女性との会話は問題ない。

落ち着いて話をするためカフェへ向かう。
向かっている途中、イケそうな女性とすれ違う。
S君のナンパレベルを見たかったので、
ナンパしてもらった。

アプローチは問題ない。会話も出来ている。
ときおり女性の笑顔も見られ、イイ感じだ。
ナンパ初心者と言っていたが、そう見えない。

会話も弾んでいる。
このまま連れ出しできる勢い。

記念に写真を撮る。
2メートルほどの至近距離から、
思いっきりフラッシュを焚いてしまった・・・


真山「やばい!オート設定になってた(笑)」

T君「アハハハ」

真山「気づかれなくて良かった(笑)」

T君「ばれたことないですか?」

真山「一度もない。女性は会話に夢中になってるから」

S君と女性は、イイ感じで会話をしていたが、
結局、番ゲできず。
S君が戻ってくる。

S君「誰かカメラを向けてるなぁと気にしてたら、
   いきなりフラッシュでビックリしちゃいました」

真山「ごめん、わざとじゃない(笑)」

S君「あれが無ければ、上手くイケたのに(笑)」

真山「それはない。女、気づいてなかったし(笑)」

S君「いつも写真撮ってるんですか?」

真山「だいたいね。リアルを追求してるから(笑)」

話しながらカフェへ
T君とは、ここで別れる。

S君「コンサルに興味あるんですが・・・」

真山「お金?」

S君「貯金がなくて。あと、まだ若いので
   そこまで切羽詰まってないというか・・・
   自分で上達できるんじゃないかという気持ちもあります」

真山「もちろん、一人でも上達できる。
   ただ、お金をかけたら時間の短縮になるよね」

S君「それはありますね」

真山「多分、俺の作ったスクリプトは
   一生思い浮かばないと思う」

真山「S君、なにか趣味ある?」

S君「う~ん、これと言ってないので、
   ナンパを趣味にしようかと」

真山「特技とかは?」

S君「う~ん、指相撲は強いです(笑)」

真山「指相撲か・・・(笑)」
  「あっ、女が食いつくスクリプト、ひらめいた」

S君「ひらめき、凄いですね!」

真山「自分で言うのもなんなんだけど、ひらめきはある」
  「一人一人スクリプトは違うから、
   同じ女をナンパしても、同系統のナンパと
   気付かれることはない(笑)」


人それぞれ個性が違うので、
その人に合ったスクリプトを考える。

S君「ナンパ仲間、欲しいですね」

真山「クライアントは、ビジネスで成功している人が多いので、
   ナンパ以外の話、ビジネスの有益な情報をシェアできるよ」

・・・

更に詳しい続きは、こちらをクリック

http://form.os7.biz/f/4f7ef66b


教え子のW大学院生S君の奮闘記
受付嬢の次は清楚系美人秘書をゲット!

http://ameblo.jp/s-graduate/entry-11018592992.html


今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう。

ナンパメルマガ読者と会談 大学生22歳T君、会社員23歳S君を

どうも、真山です。

今日は、ナンパメルマガ読者と会談 大学生22歳T君、会社員23歳S君を
紹介します。


■■ 

2011年10月○日

今日は、2人のメルマガ読者さんと会談する。
22歳の大学生T君と23歳の会社員S君だ。

なぜ、読者さんと会おうと思ったのかというと、
来月から、クライアントが増え、
忙しくなりそうなので、比較的余裕のある
今のうちに読者さんと会おうと思った。

また、読者さんは、実物の真山が、
どんな人なのか興味があるのでは、と思ったのと、
真山も、どんな人がメルマガを読んでくれているのか
興味を持ったので、急遽、面談前日の夜に
2名先着の告知をした。

急な告知にも関わらず、面談申込をしてくれた
T君、S君に会えるのを楽しみに今日を迎える。

15時
大学生のT君がやってくる。
見た瞬間、イケる!と確信。
顔、身長、スタイル、年齢と申し分ない。

問題点は、ファッションとメンタルと感じた。
セルフイメージが低いので、自信を持って、
女性と接することができないのだろう。

自信は、ささいなキッカケで大きく変わる。
ファッションを変え、周りの反応が変わるだけで
自信が生まれたりするのだ。
だから、手っ取り早く自信をつけさせるには、
ファッションを変えてあげればよい。

T君とカフェへ

真山「なんで、ナンパしようと思ったの?(笑)」

T君「バイト先の人達が恋愛の話ばかりで、
   会話に溶け込めないので、恋愛力をつけるには、
   ナンパだと思いました」

真山「女性と付き合ったことない?」

T君「はい」

真山「今までイケメンと言われたことない?」

T君「ありません」

真山「俺がコンサルしたら、周りの女性に、
   イケメンと言わす自信あるよ(笑)」

T君「本当ですか!?」

真山「言われなかったら、腹切ってもいい(笑)」

T君「笑」

T君は、自分の持っているポテンシャルに
気が付いていない。
真山のコンサルを受けることで、
人生のターニングポイントになるはず。
数か月後、T君の喜んでいる姿が目に浮かぶ。

真山「風俗に行ったことある?」

T君「ないです。行ったほうがいですか?」

真山「行かなくていいよ(笑)」
  「風俗に行くなら、他にお金を使ったほうがいい」

風俗で経験を積むのは、金銭的リスクが高い。
女性に対して自信がつくまで何十万、何百万の
投資資金が必要かもしれない。

その投資資金は、自分の魅力を高めるため、
服を買ったり、ジムに通ったり、本を購入したほうが、
モテるのに、効果的だ。

魅力が高まれば、一人くらい誰でも、
ナンパでゲットできる。
ゲットできた女性と、とりあえず付き合う。
仮に、理想の女性とかけ離れていても。

沢山の女性をゲットしたいと思う気持ちも分かる。
しかし、女性経験の少ない男性は、
広く浅くより、深く狭い関係を目指すこと。
エネルギーを分散させないことだ。

複数の女性と会う時間を一人の女性に注ぐ。
一人の女性と関係が深まれば、女性という生き物が
どういう生き物か、なんとなく分かるようになる。

美人にしろ、そうでないにしろ、
女性の考えることは、そう変わらない。
深く付き合う前に、出会い別れを繰り返したら、
女性の本質的な部分を理解できない。

だから、
女性に対しての経験値を上げたかったら、
沢山の女性と付き合うより、
一人の女性と深く付き合ったほうが効率的。

真山「合コンは?」

T君「周りの友達に気を使ってしまうので、
   ほとんど行かないです」

真山「休みの日、なにしてるの?」

T君「図書館行ったりです。一人が楽です。」

真山「なんで、俺のこと知ったの?」

T君「グーグルで検索したら見つけました」

真山「えっ、トップページだったの?」

T君「たぶん」

真山「へ~、スゴイ(笑)」

SEO対策などしなくても、
大勢の人が読んでくれるような記事を
こまめに書けば、自然と上位に表示される。

真山「俺の記事、短い?長い?」

T君「いや、ちょうど良いです」

真山「記事の感想きかせて(笑)」

T君「面白いです。毎日ブログを
   チェックするのが日課になってます(笑)」

真山「ありがとう、嬉しいです(笑)」

T君「卒論で文章を書かないといけないので、
   すごく参考にさせてもらってます」

真山「俺の文章なんて、マダマダでしょ。
   もっと上手くなるように精進しないと」

T君「他の人の、途中で読むのを止めてしまうこと多いですが、
   真山さんの記事、最後まで読んでしまいます(笑)」

真山「文章も、ナンパも似てるよね。
   興味を持たせて、誘導させていくやり方が一緒」

ナンパが上達するにつれ、
良い副作用が生まれる。
スピーキング、リスニング、ライティングの
スキルが、知らず知らずのうち高まる。
これらは、ビジネスに必須の能力だ。

人間力を高めるのに、ナンパが最強だと
つくづく感じる。

・・・

更に詳しい続きは、こちらをクリック

http://form.os7.biz/f/4f7ef66b


教え子のW大学院生S君の奮闘記
受付嬢の次は清楚系美人秘書をゲット!

http://ameblo.jp/s-graduate/entry-11018592992.html


今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう。

ナンパコンサル S君フェスティバル!彼氏持ち美人7人と番号交換!part3

どうも、真山です。

今日は、ナンパコンサル S君フェスティバル!彼氏持ち美人7人と番号交換!part3を
紹介します。


■■ 

~part3からの続き~

一緒に携帯を見ながら探している。
二人の跡を追う。
20分近く探していて、やっと
目的の場所を見つけたようだ。

別れる間際に、番号交換をする。
ニノさんが戻ってくる。

真山「番ゲできました?」

ニノ「しました」

真山「やりましたね(笑)」

ニノ「あんなんじゃダメですね。トークで交換しないと。」

お腹が空きすぎたので、今度こそ
店に直行する。

2時間ほど、談笑。
各自のナンパ結果や、改善点などを話す。
また、肌がスベスベになるサプリの話や、
面白かった本、ビジネス、筋トレの情報交換をする。

いつも夕飯の後は、ナンパする意欲が薄れる。
本能はハングリーの方が研ぎ澄まされるのを実感。

ナンパの意欲が薄れたのと、
終電が近くなったので、帰る運びとなる。

皆で駅に向かっている途中、
足取りの重い女性を見かける。
イケる!と確信したので、
最後、S君に頑張ってもらう。

声をかけた瞬間、あっさり立ち止まる。
お互い笑顔だ。
二人の世界に入り込んでいるので、
真山が近くで写真をパシャパシャ撮りまくっても
全く気付かない。

少しポチャだが、顔はカワイイ。
しばらくして、番号交換をする。
その後も、10分以上立ち話。
ほどなくして、S君は帰還。

真山「長かったねぇ~。
あんな長く話すなら、お茶できたでしょ?」

S君「仕事で疲れて、早く帰りたいみたいです」

真山「アポは?」

S君「○日に、会います」

真山「S君、今日、即日ゲットできるから、
   朝までやっていきな(笑)」

S君「えぇぇぇ」

真山「上手くいってる時は、ガンガン行かないと!」

S君「もう、お腹一杯です・・・」

真山「7番ゲくらいで、何言ってんの?
   桁が足りないよ(笑)」
  「それと、服装変えちゃダメだよ」

S君「はい。冬は、これでいきます(笑)」

真山「それにしても、綺麗な人ばかりと番ゲしたね」

S君「はい。皆彼氏持ちでした」

真山「えっ、皆彼氏いるのか。それは、けしからん・・・」

S君「週末はアポで埋まりました(笑)」

結局、彼氏がいる女性も、
もっといい男に巡り合いたいという欲望を
持っているということだ。

イイ女は、彼氏持ちが多い。
そのイイ女と遊びたかったら、
今いる彼氏より魅力的にならないといけない。

彼氏がいるにも関わらず、
あなたと遊ぶようになったら、
あなたの魅力は相当高い証明。

今回S君が好調だった理由は、
ファッションが良かったことと、
自信を持って声をかけたことだ。

ナンパは第一印象が勝敗を決める。
第一印象を良くするためには、
ファッション、ヘアースタイル、表情。

ファッションの良い人と悪い人では
女性の反応が変わる。
良い人が声をかけると、嬉しがる。
悪い人が声をかけると、キモがる。

ファッションの良し悪しは、
清潔か不潔かに思われてしまうからだ。
女性は、不潔を極端に嫌う。
ダサい=不潔
と無意識にリンク付けられてしまっている。

外見が悪くても、ファッションが良ければ、
顔まで良く見えるようになる。

また、ファッションが良いというのは、
センスが良いということ。
センスが良いとは、創造性があるということ。
創造性があるとは、頭が良いと思われる。

ファッションが良いだけで、この他にも、
いろいろプラスイメージを持たれる。

女性からプラスイメージを持たれるから、
自信が生まれるのだ。
自信のある姿勢が、さらに女性から
好印象を持たれる。

人それぞれ、好みが違うので、
コンプレックスを持つ必要はないのだが、
顔、肉体など、外見のコンプレックスを
取り除くことが、どうしてもできなければ、
ファッションセンスを磨くことだ。

年代に合う、ファッション誌を購読して、
コーディネート勉強すること。

極端の話、機能性は二の次だ。
色の組み合わせを意識して見る。

ファッションが違えばメンタルも違ってくる。
真山のファッションコンサルを受けた後では、
みんな、女性の反応の良さに驚く。
反応が良ければ、自然に自信が生まれる。

・・・

更に詳しい続きは、こちらをクリック

http://form.os7.biz/f/4f7ef66b


教え子のW大学院生S君の奮闘記
受付嬢の次は清楚系美人秘書をゲット!

http://ameblo.jp/s-graduate/entry-11018592992.html


今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう。

ナンパコンサル S君フェスティバル!彼氏持ち美人7人と番号交換!part2

どうも、真山です。

今日は、ナンパコンサル S君フェスティバル!彼氏持ち美人7人と番号交換!part2を
紹介します。


■■ 

~part1からの続き~


18時
コンサル面談の岡田さんの元へ向かう。

48歳の岡田さんは、罰一だ。
女性経験が少ないまま結婚したのが
離婚した大きな理由と言っていた。
女性の扱い方が分からないといったところか。

一昨年、別れるまで浮気経験はない。
別れてから、合コンに行ったりしたが、
好みの女性に巡り合わないとのこと。

合コンの成果は、1回目のデートで終わることが
ほとんどらしい。
岡田さんの魅力を上手く引き出せていないのかも。

数十万円する恋愛塾にも参加してたみたいだが
番号交換すらできなかったそうだ。

仕事はエンジニア系で、人と話す機会が少ない。
営業経験は一度もない。

岡田さんの恋愛、ナンパ歴や仕事などの話を聞き、
総合的に判断して、3カ月で理想の女性をゲットする
ことは、難しいと伝える。
実際ナンパしている所を見たわけではないので、
あくまで予想だが、半年以上はかかると判断。

なぜ、そこまでナンパにこだわるのか、と尋ねると、
ナンパが一番早く理想の女性に巡り合えるとの
考えにいたったようだ。

何かを変えようという意志は強く感じる。
48歳から、初めてナンパをするという
決意は素晴らしい。
始める事に遅すぎることは無い。
人生はチャレンジの連続だ。

今までナンパを見たことがなく、
見てみたいと言うので、見学しに行く。

S君、ニノさんと合流。
今日は、ニノさんの調子が悪いので、
S君にナンパをしてもらう。
モデル系統の顔立ちの美人が通り過ぎる。
S君にゴーサイン。

反応は無い。
それでも話し続けると、かすかに反応。
S君の容貌を見て安心したのか、
笑顔が溢れる。

数分経つと、女性は、S君の肩をたたきだす。
相当打ち解けている。
最初の反応と違いすぎる・・・
周りから二人を見たら、恋人のようにも見える。

しばらくして、番号交換をする。
S君が戻ってくる。

真山「アポは?」

S君「しました」

真山「学生?」

S君「いや、OLです」

真山「あの感じなら、次でゲットできる」

岡田さんは、一連の作業を見て
カルチャーショックを受けている。
こんなに簡単に仲良くなれるのか!と
いまだ、信じられない様子。

また、次のターゲットを探す。
数人に声をかけるが失敗。
しかし、拒絶しているふうではなく、
反応は悪くない。

しばらく歩いていると、
上品そうな女性とすれ違う。
S君は、早速声をかける。

反応は良い。
驚きつつも嬉しそう。

時間の経過とともに、
女性の笑い声が大きくなる。

岡田さんがナンパをするにあたって、
不安に思っていたのが、周りからの視線。
周りからナンパをしているように見られるのが
恥ずかしいとのこと。

真山「ほら、周りの人達を見て下さい」
  「ほとんど、あの二人を見てないですよね?」

岡田「ほんとですね」

真山「自分で思うほど、周りは気にしてないんです」

岡田「自然に話していますね」

真山「周りからは、ナンパしているように
見えてないと思います」
「同窓会とか、そんな類いにしか思われてません」

女性の顔を見るため、みんなで近くに行く。
確認し終わり、定位置に戻ってくる。

ニノ「あの子、めっちゃタイプです」

真山「あんまり(笑)」

ニノ「やっぱり、タイプが全然合いませんね(笑)」

10分以上話しこんでいる。
やっと電話番号交換。
彼女と別れ、彼女に見つからないように、
戻ってくる。

真山「なんで連れだせなかった?」

S君「これから飲み会みたいです」

真山「アポは?」

S君「しました。次、飲みに行きます!」

真山「あの子、良かった?」

S君「めっちゃタイプです!」

やはり、S君とニノさんのタイプは同じだ。
真山は、まったくピンとこない。
人の美意識はそれぞれ違うと、つくづく思う。

・・・

更に詳しい続きは、こちらをクリック

http://form.os7.biz/f/4f7ef66b


教え子のW大学院生S君の奮闘記
受付嬢の次は清楚系美人秘書をゲット!

http://ameblo.jp/s-graduate/entry-11018592992.html


今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう。

ナンパコンサル S君フェスティバル!彼氏持ち美人7人と番号交換!

どうも、真山です。

今日は、ナンパコンサル S君フェスティバル!彼氏持ち美人7人と番号交換!を
紹介します。


■■ 

2011年10月○日

今日は、2人の新規コンサル希望者と
面談する。
15時から25歳の高橋君。
18時から48歳の岡田さん。

15時

高橋君と初対面。
外見が、お兄系で、
ガンガンナンパをしていそう。

話を聞くと、ナンパ歴は2カ月。
成果は、新宿で朝方、ホスト帰りの女性を
お持ち帰りしたとのこと。

結果が出ているのに、なぜコンサルを
受けたいのか聞いてみた。

真山「結果が出ているのに、なんでコンサル?」

高橋君「ただハイテンションで声をかけただけなので、
    しっかりした会話で落としたかったからです」

真山「なんで俺のコンサルに興味があったの?」

高橋君「ブログに感銘できる箇所が沢山あったからです。
    あと、ブログとかメルマガって妄想で書いてたり
    する人も多いみたいだし、
    どこかの記事からパクッてくれば、どうにでも良く
    書けるじゃないですか?」

真山「本物か確かめたかったと?(笑)」

高橋君「ハイ(笑)」

いろいろ話していると、見た目と違い、
マジメで、考え方がしっかりしている。

高橋君「ポイ捨てして、女性のトラウマになるような
    行為は、したくないんですよね」

真山「恨まれて別れるか、感謝されて別れるかでは、
   その後の人生が変わってくると思う」

2時間ほど談笑。
このあと、クライアントのS君とニノさんを
コンサルする。
高橋君は、コンサル現場を見学したいとの
ことなので、待ち合わせ場所へ向かう。

高橋君を紹介してすぐに、
イケそうな女性を見つける。
S君に声をかけてもらう。

女性の反応は良い。
満面の笑みが溢れている。
少し談笑後、歩きはじめる。
連れ出し成功!と思いきや、
また、立ち止まって話し始める。

数分経過。
番号交換をして、真山の元に戻ってくる。

真山「連れだせそうだったのに」

S君「これから友達と会うみたいです」

真山「アポした?」

S君「はい」

真山「次会えば、ゲットできる」

また、ターゲットを物色する。
カワイイ女性を見つけたので、
今度はニノさんに声をかけてもらう。
上手くいかず、引き返してくる。
他に数人声をかけたが、上手くいかない。

ニノ「なんか今日は、来る時、
   上手くいかない気がしてたんです」

真山「そういえば、今日、あのネックレス着けてないですね」
  「ラッキーチャームが無いから
   女性の反応が悪いんですよ(笑)」

上手くいっている時は変えない。
勝負事の鉄則。
あらためて、服の重要性を認識できたはず。

今日は、ニノさんが調子悪そうなので、
S君にナンパを頑張ってもらう。

4人で談笑しながら、ターゲットを物色。
買い物帰りの美人を見つける。
北川景子似の美人だ。
今日のS君なら、大概の女性は興味を示すと
思ったので、自信を持ってナンパしてもらう。

やはり反応が良い。
女性は笑顔でうなずいている。
番ゲは確実だろう。

真山「もっと近くで見に行きましょう」

ニノ「めっちゃ綺麗ですね!」

真山「今日はS君フェスティバルになりそうですね(笑)」

番号交換をした後、S君が戻ってくる。

真山「すっごい綺麗だったね」

S君「綺麗でした」

真山「アポは?」

S君「彼氏がスゴク厳しくて、携帯見られるそうです」

真山「それなのに良く番号交換できたね」

S君「○○って言ったら番号交換できました」

真山「やっぱ服装だよなぁ」

S君はコンサル前日に、明日着ていく服を
写メで送ってきた。
今回の服装は、好青年という感じで良い。

18時
コンサル面談の岡田さんの元へ向かう。

・・・

更に詳しい続きは、こちらをクリック

http://form.os7.biz/f/4f7ef66b


教え子のW大学院生S君の奮闘記
受付嬢の次は清楚系美人秘書をゲット!

http://ameblo.jp/s-graduate/entry-11018592992.html


今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう。

ナンパコンサル 37歳シュウさん、セレブの街で初ナンパpart2

どうも、真山です。

今日は、ナンパコンサル 37歳シュウさん、セレブの街で初ナンパpart2を
紹介します。


■■ 

~part1からの続き~


2時間後、ニノさんが帰ってくる。

真山「どうでした?」

ニノ「即イケそうでしたが、切り上げて来ました」

この後、アクセサリーオーナーのヒズさんから、
招待されたイベントに参加するため、
帰ってきたとのこと。

真山「いくつの女性でした?」

ニノ「19歳です。男性と付き合った経験が無いそうです」

真山「すごい反応良かったので、次回ゲットいけますね」

ニノ「めっちゃタイプなので、良かったです」

真山「そんなイイですか?(笑)」

真山とニノさんのタイプは正反対と感じるくらい
かぶらない。
大学院生のS君とも正反対だ。

ニノ「最近、思うんですけど・・・
真山さんの美意識に問題があるような(笑)」

最近、ニノさんとS君は、行動を供にすることが多いので、
真山にとって、分が悪い。

なぜなら、ニノさんがカワイイと言う女性は、
S君もカワイイと言う。
しかし、真山の評価は低い(笑)

男性も、一人一人こんなに美意識が違うのだから、
女性も、カッコイイと思う男性が違ってくる。
だから、外見に対して、自分自身でブサイ○だと、
勝手に思い、コンプレックスを持つ必要はない。

もちろん、真山も外見をもっと改善できれば、
という想いを持って、努力はしているが、
コンプレックスを持って、自己憐憫に浸ることはない。

あなたのことを良いと思う女性もいるのだから、
とりあえず声をかけてみるべき。

40代の男性が、10代の女性を連れだした所を見て、
シュウさんのモチベーションは上がる。

しばらく、シュウさんのナンパを二人で見守る。
数人声をかけたが、番ゲまで到達できない。

お店から出てきた、モデル系のセクシーな女性を見つける。
改札に向かっているので、連れ出しできるか
微妙だったが、とりあえずトライしてもらう。

ファーストコンタクトで立ち止まる。
女性の反応は良い。
もしかしたら、連れだせるかも・・・

ニノさんと二人で女性の顔を近くで見に行く。
思っていた以上に美人でグラマラス!

真山「ほんと美人ですねぇ。俺が声かけたかった(笑)」

ニノ「モデルと言われても信じることできます」

真山「スタイルもいいし、イイ女ですね」

ニノ「出るとこ出て、くびれもキュッとしてますね」

女性は笑顔で嬉しそうだ。
数分話しこんだ後、シュウさんが戻ってくる。

真山「番ゲできました?」

シュウ「彼氏に悪いと言われダメでした」

彼氏がいる時の、切り返し方のセリフを
あとでゆっくり覚えてくれれば問題ない。

女性が断る理由は決まっているので、
その対応策も教える。

シュウ「美人は、性格が良いって分かりました」

真山「美人は、性格が良いので、断るにしても、
   相手を傷つけないように丁寧に断ります」

真山「暴言を吐く女性は、ブサイ○って程でもないけど、
美人でもない中途半端が多いです」

また、次の獲物を物色。
イケそうな雰囲気の女性を発見。
さっそく、シュウさんに声をかけてもらう。

後を追っている時、美人の女性とすれ違う。
この女性もイケそうだったので、
ニノさんにナンパしてもらう。

二手に分かれてしまった・・・
どちらの後を追うか迷うが、
ニノさんが上手くイキそうな感じだったので、
ニノさんの後を追う。

女性の反応は良い。
自然体で会話が出来ている。
二人は、本屋へ入っていく。

ニノさんの声が大きいので、
周りからナンパをしていると丸分かり。
こっちが恥ずかしくなってしまう(笑)

シュウさんから連絡があり、本屋で合流する。
二人で一挙一動を見守る。
一緒に、お目当ての本を探しているみたいだ。

30分ほどして、本屋から出る。
しばらく談笑後、番号交換をする。

ニノさんが戻ってくる。

真山「きれいな人でしたね」

ニノ「ええ。服飾関係の仕事なので、オシャレでした」

真山「いくつの人だったんですか?」

ニノ「アラサーです」

ニノさんは、天性の素質がある。
距離感も会話も良い。

シュウ「自分が上手くいかないのは、あせってしまい、
クロージングが早いんでしょうね」

真山「もっと温まってからクロージングしたほうがイイですね」
真山「極端なこと言ってしまえば、
クロージングかけなくても良いです。
会話を楽しんでください」

ヒズさんとの待ち合わせ時間になったので、
イベント会場に3人で向かう。

ヒズさんと談笑をしていると、
突然音楽が鳴り響き、セクシーな女性が
台の上で踊りだす。

初めて見るポールダンスに目が釘付け。
無駄な贅肉がなく、素晴らしいボディー。
ここぞとばかり、写真を撮りまくる。

ポールダンスの後は、ファッションショー。
こちらのモデルさんも綺麗だ。
会場に来ている人も、美男美女が多い。
モデルの友達なのだろう。類は友を呼ぶ。

ファッションショーの後は、漫才。
聞いたことのない女性芸人だったが、
楽しめた。

余興は朝まで続くが、終電で帰るため、
最後にポールダンスを見て、お暇する。

ヒズさんも、ジュン社長もバイタリティー溢れ、
よい刺激を貰えた。
今後、一緒にビジネスできたらと思う。

今回のコンサルでは、
シュウさんに結果を出させて上げられなかったので、
ホームの渋谷でコンサルすれば良かったと後悔。

次回は、渋谷でリベンジする。
乞うご期待。

・・・

更に詳しい続きは、こちらをクリック

http://form.os7.biz/f/4f7ef66b


教え子のW大学院生S君の奮闘記
受付嬢の次は清楚系美人秘書をゲット!

http://ameblo.jp/s-graduate/entry-11018592992.html


今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう。

ナンパコンサル 37歳シュウさん、セレブの街で初ナンパ

どうも、真山です。

今日は、ナンパコンサル 37歳シュウさん、セレブの街で初ナンパを
紹介します。


■■ 

2011年10月○日

今日は、ビジネスオーナーのシュウさんを
新規コンサルする。
シュウさんとは、18時に待ち合わせ。

その前後に、美容院経営のジュン社長と
アクセサリーオーナーのヒズ社長と面談する。
一緒に仕事ができないかとのことだ。

美容院と不動産を経営するジュン社長と
15時から打ち合わせをする。
いろいろ興味深い話を伺い、あっという間に
時間が過ぎ、コンサル現場へ向かう。

シュウさんは、30歳後半の男性。
一度もナンパをしたことがないとのことだ。
そもそもナンパで出会うという観念が無かったそうだ。

クライアントのニノさんを紹介する。
3回目のコンサルで即日ゲットをした、
才能ある43歳の男性だ。

シュウさんに連れ出すイメージを描いてもらうため、
ニノさんにナンパをしてもらう。

今回は、いつもの渋谷ではないので、
地理に疎く、苦戦も予想される。
手探りでスイートスポットや店を探すしかない。

ニノさんは、数人声をかける。
しかし、反応がイマイチ。
場所を変えてみる。

ニノさんのタイプの女性を見つけたので、
ナンパしてもらう。

あっさり立ち止まる。
今度は、反応が良い。
彼女は声を上げて笑っている。
数分立ち話の後、二人は歩きだす。
連れ出し成功だ。

二人の後を追う。
店に入るのを見届ける。

ニノさんが女性と別れるまでに、
シュウさんのスクリプトを作成する。

真山「メモしてもらっていいですか?」

シュウさんの魅力を引き出せるように、
一語一語、噛みしめるように作成する。

シュウ「いや~、思ったより長いですね(笑)」

真山「文字にしているから長く感じますが、
   1分以内で話せますよ(笑)」

女性が、よく言うセリフの切り返し方も教える。

真山「今、このセリフを正確に覚えることは難しいと思うので、
   流れだけ覚えておいてください。」

セリフに意識が行き過ぎ、
棒読みになってしまうのを恐れる。
今日は、流れをイメージし、
スクリプトに馴染んでもらう。

スクリプトも大事だが、
女性との会話を楽しむことが大事。

次のアポまで、時間があまり無いので、
シュウさんに、早速ナンパしてもらう。

清楚系の可愛らしいOLを見つける。
仕事中みたいなので、厳しいかと思ったが
練習のつもりで、声をかけてもらう。

笑顔だが、盛んに手を振り断っている。
それでも、シュウさんは粘る。
だんだん、女性の歩みが落ち、
赤信号で立ち止まる。
番ゲはイケそうな感じ。

女性は、しっかり顔を向け話を聞いている。
数分後、シュウさんが戻ってくる。

真山「どうでした?」

シュウ「ダメでした」

真山「初めてにしては、すごく良かったです(笑)
   初めての人は、最初断られると、すぐに諦めてしまうのですが、
   シュウさんは、粘って女性を聞く体制まで持っていけたので
   スゴイです」

また、数人に声をかけてもらう。
改札とは反対の方向に歩いている、
買い物帰りの女性を見つける。
信号待ちのところをナンパしてもらう。

反応は良い。
青信号になっても、立ち話。
横断歩道を渡ったところで、
女性は携帯を取り出す。
初番ゲ!?と期待は膨らむ。

シュウさんが戻ってきたので尋ねる。

真山「番ゲできました?」

シュウ「自分の番号を、教えました」

女性の食い付き具合からして、
シュウさんが1カ月以上ナンパをしていたら、
番ゲ、もしくは連れ出しできただろう。

アプローチの仕方も良いし、
躊躇せず声をかけることができるので、
続けていれば、結果が出ると確信する。

どんなにテクニックを覚えても、
声をかけることができなければ意味が無い。
ガンガン声をかけれる人と、
なかなか声をかけれない人では、
成長スピードが違ってくる。

ナンパに抵抗がある人は、
何を話したらよいのか?の、テクニックを覚えるより、
どうしたら声をかけるタメライを無くせるのか?の、
メンタルを克服する必要のある人が多い。

メンタルを克服するには、考え方しかない。
声をかけ続けた先に、素晴らしい女がいる!と
信じられるかどうか。

ナンパでイイ女を彼女にしたいのなら、
「声をかけること」と「継続すること」

たまに、地雷を踏むことはある。
地雷とは、暴言を吐いてくる女だ。
「うぜぇ」「キモイ」「チッ」などの舌打ち。
ナンパをしていれば、誰もが通る道だ。

地雷を踏み、戦意喪失となり、
ナンパを諦めてしまう人もいる。

ナンパの上手い人は、たくさんの地雷を踏んでも、
諦めなかったからだ。
困難を乗り越えた先に、イイ女が待っている。

・・・

更に詳しい続きは、こちらをクリック

http://form.os7.biz/f/4f7ef66b


教え子のW大学院生S君の奮闘記
受付嬢の次は清楚系美人秘書をゲット!

http://ameblo.jp/s-graduate/entry-11018592992.html


今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう。

ナンパコンサル Wさん、服装で女性の反応が違いすぎる・・・

どうも、真山です。

今日は、ナンパコンサル Wさん、服装で女性の反応が違いすぎる・・・を
紹介します。


■■ 

2011年10月○日

14時

今日は、Wさんをファッションコンサル。
Wさんは、以前、他のナンパ塾に参加していた時、
ファッションコンサルを受けたそうだ。

しかし、

初めてコンサルを受けた時、以前のナンパ塾で
服を選んでもらった服装で対面したが、
良くも悪くもないというのが第一印象だった。
もちろん否定はしなかったが、肯定もしなかった。

ビフォーアフターを実感してもらうため、
今までの服装でナンパをしてもらっていた。

アプローチや、スクリプトも問題なくなったので、
念願のファッションコンサルを受けることとなる。

14時に待ち合わせてから、
真山の行きつけの店に向かう。
そこで、2、3時間ほど服を選ぶ。
だいぶ洗練されたように見える。
Wさんも気に入って、上下一式と靴を購入する。

買った服で、早くナンパをしたく、疼いている。
真山も、女性の反応を見てみたい。

18時から、WEBデザイナーの社長さんと
会食するので、それまでの間、ナンパをしてもらう。

やはり、女性の反応は良い。
数人に声をかけたが、全て好反応を示した。

あっと言う間に、WEB社長との待ち合わせ時間になり、
いったんWさんと別れる。
Wさんは、真山と合流するまで一人でナンパに勤しむ。

1年ほど前にナンパをした女性を、
WEB社長さんに紹介する。
ネットショップを開設するため、
彼女のスキルが必要らしい。

真山「久しぶり」

女「久しぶり。なんか若返ってない?」

真山「そう?」

1年前と生活習慣が変わったわけではないが、
最近、よく言われるフレーズ。
ナンパには、アンチエイジング効果があると確信。
10歳、年齢を低く偽ってもバレナイ。

この女性とは、肉体関係を結んでいない。
2回目に会った時、服装がギャルみたいだったので、
一気に熱が冷めてしまったのが原因だ。
しかし、今では良い友達として関係を保っている。

ナンパの良いところは、ゲットしなくても、
友達として関係を維持できるので、
交友関係が拡がる。

真山がナンパする女性は、レベルが高いので、
男友達やクライアントさんが気に入る確立は高い。
だから、紹介すると喜んでもらえる。

2時間ほど、近況報告を兼ねて雑談。
次の社長さんとアポがあるため、
待ち合わせ場所に向かう。

WEB社長さんは、彼女が気に入ったようだ。

社長「○○さん、綺麗でしたね」

真山「そうですか?」

社長「真山さんは、○○さんと最後まで行ったんですか?」

真山「いや、キスさえしていません(笑)」

次に会うネットビジネスの社長さんと
2時間ほど会食。
ナンパ現場を見てみたいとのことだったので、
Wさんを紹介する。

真山「結果は、どうでした?」

W「2連れ出し、4番ゲです」

真山「2人も連れ出しできたんですか?」

W「今までにないくらい、反応イイです(笑)」

真山「やはり、服装効果が出ていますね(笑)」

真山のファッションコンサルを受けると、
女性の反応が変わるので、その効果を、
クライアントさんが実感してくれるのが嬉しい。

真山「終電まで、あと1時間しかないですが、
   どんどんナンパしちゃいましょう!」

W「即日ゲット目指します!」

改札方面と逆方向に向かっている、
オトナな感じの女性を見つける。
さっそく、声をかけてもらう。

女性の反応は良い。
数分してWさんが戻ってくる。

真山「どうでした?」

W「番ゲしました」

真山「彼女、待ち合わせ?」

W「いや、帰るところみたいです。
  人妻でした」

真山「人妻なのに、けしからん」

時間がないので、どんどん声をかけてもらう。
断られても女性の反応が良いので、
Wさんは楽しそうだ。

Wさんは、真山が指示を出さなくても、
どんどん声をかけるので、教えていて楽だ。
喫煙所に向かう女性を見つけたので、
声をかけてもらう。

女性は笑顔で話している。
周りから見たら、恋人にしか見えない。
二人は、タバコを吸いながら、数分会話。
しばらくして、戻ってくる。

真山「終電なので、帰ります」

W「ありがとうございました。
  自分は、朝までやっていきます!」

真山「スゴイですね(笑)」

W「ゲットするまで帰れまテン、をやってみます(笑)」

服装によって、女性の反応は良くも悪くもなる。
良ければ、モチベーションが上がり自信も生まれる。
自信があるから、成功確率も上がる。

真山のファッションコンサルでは、クライアントの
性格、年齢、体型に合ったファッションを提案するから、
女性ウケが良くなる。

最初、上下一式揃えるので、出費がかかるが、
ファッションの方向性が決まってしまうので、
そのあとは、少ない出費ですむ。
周りの女性からの評価がガラっと変わるのを、
あなたも是非体感して欲しい。

・・・

更に詳しい続きは、こちらをクリック

http://form.os7.biz/f/4f7ef66b


教え子のW大学院生S君の奮闘記
受付嬢の次は清楚系美人秘書をゲット!

http://ameblo.jp/s-graduate/entry-11018592992.html


今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。