So-net無料ブログ作成
検索選択

ナンパコンサル トラさん&S君、美人と番号交換ザクザクpart3

どうも、真山です。

今日は、ナンパコンサル トラさん&S君、美人と番号交換ザクザクpart3を
紹介します。


■■ 

~part2からの続き~

引き続き、S君とマンツーコンサルをする。

軽く腹ごしらえをし、再度ナンパに繰り出す。

目の前をハーフパンツの似合う美女を
見つけたので、ナンパ指令を出す。

最初、断っていたみたいだが、S君の粘り腰で
立ち止まらせることに成功。

10分近く話しこみ、番号交換をする。

真山「かわいかったでしょ?」

S君「はい」

真山「最初ダメそうだったけど?」

S君「○○大学の名前を言ったら、食いついてきました(笑)」

真山「やっぱ、○○大学のブランドはスゴイねぇ」

S君「彼女○○大学みたいです」

真山「お嬢様学校だ」

スムーズに番号交換もできているし、問題ないのだが、
一人になると、地蔵気味になるとのことだ。
外見も、内面も良いから、もっと自信を持て!と、
歯がゆくなる。
問題は、メンタル面の強化だけだ。

また、何人かナンパをして、時間を過ごした。

21時
トラさんから、連絡がくる。
合コンが終わったので、合流する。
合コンの結果などを聞いて、しばらく雑談。

そこへ、美人2人組みが通り過ぎる。
そのうちの一人と目が合う。
イケそうな雰囲気を醸し出していたので、
トラ&Sのコンビナンパをするように指令。

二人とも、コンビナンパは初めてなので、
どういってナンパすればよいのか、テンパル。

両サイドから、挟み込み、ソロでやっている
ようにすればよいと、アドバイス

S君は尻ごみしているので、トラさんが
先頭を切って、二人に話しかける。
1分ほど、話しながら歩いていたのだが、
なかなか立ち止まらせることができない。
それを、S君は、後ろで眺めているだけ。

もっと押せばイケそうなのに、
トラさんは諦めてしまい、その場から去ってしまう。

そこで、たまらず、真山が美人二人組に声をかける。
すぐに立ち止まらせる。
立ち位置も、表情も、会話も重要だが、
一番重要なのは、自信だ。

S君が後ろで眺めていたので、S君をネタに
会話を始める。
女性は嬉しそう。

すぐに連れだせそうな雰囲気があったので、
飲みに誘うと、あっさりOK。

陰に隠れていたトラさんも呼んで、
3対2で飲む。
2人は、アイリッシュハブで飲んでいたそうだが、
うるさくて、出てきたとのこと。

話しが出来る所で飲みたいとのことだ。
パルコ近辺の飲み屋は知らなかったが、
たまたま入った店がオシャレで、リーズナブルな
今後も使える店で嬉しい発見。
女性も、いい店見つけたと喜んでいる。

テーブル席に、着席する。
真山の隣にトラさん。
真山の向いに、M美。
M美の隣にT子。
T子の隣がS君。

S君‐T子‐M美
       |
トラ‐真山
 
真山「ここ、穴場だねぇ」

M美「いいよねぇ」

真山「二人とも美人って珍しいよね」

M美「中学の同級生。T子、綺麗でしょ?」

真山「なんか、美人の友達多そうだよね」

M美「みんな美人だよ。美人と話していると落ち着く」

真山「トラさん、パーティー主催しているから、
   そこに、友達連れて参加してよ(笑)」
真山「渋谷は、良く来るの?」

M美「いや、ほとんど来ない」

真山「なんで、今日は渋谷?」

M美「私、大手町の証券会社で働いているのね。
   T子との中間が渋谷なんだ」

真山「キャリアウーマンだ(笑)」

M美「女だから重宝されてる。昔営業もやっていたけど、
   すぐ、人事部に異動させられた。証券会社の営業だと
   皆すぐやめちゃうからねぇ」


二人とも26歳。
M美は、アラサーに見えたので、意外に若い。

TとS君は、旅行の話で盛り上がっている。
30分ほど、雑談をして、2人は終電が近いから帰る。

真山「M美は、フックが弱かった」
  「26に見えなかったなぁ(笑)」

トラ「ですね。31くらいと思ってました」

真山「T子は、S君と盛り上がっていたよね」

S君「彼女もグアムに行ったみたいで、それで
   話しが弾みました」

真山「俺は、ダメだ。どうしても、今、会っている女より
   レベルが落ちると、モチベーションが沸かない(笑)」

S君「T子、彼氏いるって言ってたので」

真山「最後、連絡するって、手を振っていたし、
   あの感じなら、今後、繋がるよ」
  
数分雑談をする。
隣の席を見ると、二人組の女性が話しこんでいる。
S君に、隣の女性に話しかけるよう指示を出す。

・・・

更に詳しい続きは、こちらをクリック

http://form.os7.biz/f/4f7ef66b


教え子のW大学院生S君の奮闘記

http://ameblo.jp/s-graduate/entry-10973662063.html


今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう。

ナンパコンサル トラさん&S君、美人と番号交換ザクザクpart2

どうも、真山です。

今日は、ナンパコンサル トラさん&S君、美人と番号交換ザクザクpart2を
紹介します。


■■ 

~part1からの続き~

デパートの前で、二人でターゲットを物色していると、
隣に、買い物で疲れたのか、腰をかけている女性を発見。

さっそく、声をかけるように指示をだす。

S君は、躊躇することなく声をかけに行く。
だいぶメンタル面が強化されてきている。
教えている真山も嬉しい。

数分、会話をして、番号交換をする。
彼女は、友達と待ち合わせみたいなので、
次回会う約束をしたそうだ。

だんだんノッテきているので、今度は、
真山が指示しなくても、自発的に
自分好みの女性に声をかけに行くようになる。

S君は、「あの子行きます」と言いつつ、
突然デパートの中に入っていき、ナンパし始めた。

1階から声をかけ、3階まで女性と話しながら
ついていっている。
周りからは、ナンパをしているように見えない。
だいぶ洗練されてきている。

10分ほど、話して番号交換をしている。

真山は、S君が話している先に、美脚女性を
見つけたので、暇つぶしにナンパをする。

買い物が終わってから、お茶に付き合うか、
かなり悩んでいたのだけど、彼氏に悪いと
いうことで、諦める。

かわいかったが、めちゃタイプというわけでも
なかったので、粘ることはしなかった。

番号交換が終わったS君と合流し、
さらにターゲットを物色する。

19時近く

トラさんは、このあと合コンがあると
いうので、それなら、最後にナンパするよう
半ば強制的に指示を出す。

目の前に、ミニのワンピース女性が
歩いていたので、さっそく指示。

ちょっと戸惑っていたが、声をかける。

女性の反応はいい。
笑顔が溢れている。
徐々に歩く速度が落ち始め、止まった。

結構人通りの多い所で、立ち話をしているのだが
トラさんは、気にならないようだ。

トラさんは、周囲の視線が気にならないタイプだが、
S君は、ものすごく気にする。
どちらかというと、真山はS君タイプだ。

しかし、真山も、人通りの多さを気にせず、
写真を撮りまくる。
それを、面白がって、S君は眺めている。

真山「綺麗だったじゃないですか(笑)」

トラ「なにか、あの子と波長が合いました」

真山「あ、わかるんですか?」

トラ「向こうも好いているというか」

真山「それはスゴイ。連れ出せなかった理由は?」

トラ「このあと、美容院みたいです」

真山「そのあと、飯でも行けばいいじゃないですか」

トラ「美容院は1時間くらいで終わるだろうし・・・
   自分は21時まで合コンなので・・・」

真山「21時から、飯に行けるか、メールしてください」

トラさんは、早速文字を打つ。
それを見て、真山が添削する。

すぐに返信がくる。
美容院の後、地元で友達と待ち合わせがあるとのこと。

トラさんは、次回のアポを返信する。
メールでのやり取りはメンドクサイ。
これは、女性も、そのように思っている。
できるだけ、メンドクサイ作業工程を省くこと。

簡単にリリースしてしまい、詰めが甘い。
どんどん次の約束をその場でしてしまうことだ。
まだ、番号交換で、舞い上がってしまうのは、
仕方ないが、早く次のレベルに上がって欲しい。

21時から、合流するということなので、
引き続き、S君とマンツーコンサルをする。


・・・

更に詳しい続きは、こちらをクリック

http://form.os7.biz/f/4f7ef66b


教え子のW大学院生S君の奮闘記

http://ameblo.jp/s-graduate/entry-10973662063.html


今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう。

ナンパ格言 奢らせる女に近づくな!

どうも、真山です。

今日は、ナンパ格言 奢らせる女に近づくな!を
紹介します。


■■ 

教え子から、報告があり、
あなたの参考にもなれば。


>本日、パーティで知り合った女(と友達)と
僕の友達3名の合計5名で飲みにいきました。

女から「ゴチならいいよ」と言ってきたので
どんな感じか?確かめるのにはいいか?と思って
了解しました。

この了解が間違えでした(泣)

連れてきた女は無職の変な女で
会話にいちいち棘があるは、
話が盛り上がりそうだと、会話をつぶしにかかるは、

料理は勝手に頼んで、勝手に食べて
あげくに「何黙って食べてるの?」と男に噛み付いてくる始末

友達に悪いことしたな~と反省の心でいっぱいです。

ゴチ(奢り)前提の女には、絶対にあってはならない。
ゴチを要求する女は、本人も周りも、変な女しかいない。

ゴチは禁止
新しい格言になりました。

・・・・・・ここまで・・・・

ナンパでも、奢るならいいよと言ってくる
女がいる。
その時点で、スッパリ諦めた方がよい。

男として価値が無いと言っているようなもの。
女王様と家来の関係だ。

考えてみて欲しい。
あなたは、初対面で、「お金ちょーだい」と
言ってきた人をどう思う?

非常識な人間と思うはずだ。
「奢ってくれたらいいよ」とは、
同じような意味だ。

真山は、その女の立ち位置を逆転させてやる!という
闘志が沸かないわけでもないが・・・

基本、そんな発言が出てくる女に、
イイ女はいない。

顔が綺麗でも、下品な女は避けるべきだ。
付き合っていると、こちらのレベルまで
落ちてしまう。

どうせナンパをするなら、上品で、
こちらの人間的魅力までアップさせて
くれるような女性にアタックして欲しい。

一緒に落ちていく関係ではなく、
一緒に高めあっていける女性を狙って欲しい。

そういう女性と釣り合う男になるため、
くだらない女と会う時間を減らし、
自己研鑽に励もう。

本を読んだり、
美術館に行ったり、
音楽を習ったり、
映画を見たり、
スポーツをしてみたり、
一人旅をする。

見聞を広めてほしい。
知識、趣味が増えれば、話題も豊富になり、
それだけ魅力的な男性になるのだから。

お金と時間を、あなたの魅力を高めることに
費やす。
こうやって、魅力を高めていると、
あなたにあった魅力的な女性は必ず現れる。

一人でいる恐怖を克服し、
一人でいる時間を、いかに楽しめるか。

このレベルの女でいいと、
妥協して付き合うと、後悔することになる。
だから、付き合う女とは、妥協するな。
自分自身を向上させることも妥協するな。

イイ女と付き合うには、あなたの魅力を
高め続けるしかない。

「奢ってくれたら御飯行ってもいいよ」なんて
言う女と、くれぐれも付き合わないように。

真山も死ぬまで、向上させるところは、
向上させるつもりだ。

キツイ道のりかもしれないが、
その分の対価は、必ずある。

・・・

更に詳しい続きは、こちらをクリック

http://form.os7.biz/f/4f7ef66b


教え子のW大学院生S君の奮闘記

http://ameblo.jp/s-graduate/entry-10973662063.html


今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう。

ナンパ実践記 夏の渋谷は番号ゲットし放題!?

どうも、真山です。

今日は、ナンパ実践記 夏の渋谷は番号ゲットし放題!?を
紹介します。


■■ 

~昨日の続きから~

しばらく一人で飲んでいたら、
ミニスカセクシー美人が男と店に入ってきた。

彼女と一瞬目が合う。
男連れなので諦める。

店を出て、10分ほど涼んでいると、
先ほどのセクシー美人が一人で
出てきた。
せっかくなので、声をかける。

真山「あれ、男は?」

M子「?」

真山「さっき、一緒に店に入ってきたでしょ」

M子「あ~、あれ店員さんだよ」
  「それより、早く戻りなよ、彼女待たせてるんでしょ」

M子が入店した時、真山と、セクシーナース
一緒の所を、チラッと見たのか。
覚えているということは、気がある証拠。

真山「あ、見てたんだ?」

M子「早く戻りな」

真山「友達帰った。これからどこ行くの?」

M子「これから、友達に呼ばれて行かないと」

真山「週末休みでしょ?」

M子「うん」

真山「じゃあ、週末遊ぼう」

とりあえず番号交換。
タクシーに乗り込む時、パンチラ。
白い脚がたまらん。

別れた後、ハチ公周辺をブラブラ。
ホットパンツの美脚女性を発見する。
さっそく声かけ。

真山「こんばんは~」
笑顔で顔を覗き込む。

N子「笑」

真山「思わず笑っちゃったね」

N子「なんですか?(笑)」

真山「飲みの帰り?」

N子「はい」

真山「じゃあ、もう1杯だけ行こう」

N子「もう無理です」

最近考えた会話ネタを投入する。

N子「なんか怪しいんですけど(笑)」

定番の怪しさを打ち消す、
テクニックを使う。

真山「怪しくないでしょ?」

N子「う~ん(笑)」

人間には怖いもの見たさという好奇心が
ある。少しの怪しさは、その好奇心を
刺激するスパイスになる。

もちろん、
恐怖を感じるほどの怪しさはダメだが、
少しの怪しさは、ミステリアスな男を演出できる。

真山「週末休みでしょ?」

N子「はい」

真山「じゃあ、来週の土曜、飯食べに行こう」

N子「近々ですね(笑)」

真山「早いに越したことないし(笑)」

フルネームで本名を教えあい、
番号交換をする。

N子「へんなことに、使わないでくださいね」

真山「変なことなんてしないって(笑)」

次回、会う日時を再確認して、別れる。
後ろ姿を見送る。美脚が、たまらん。

3時
通行人もいなくなり、疲れたので、
ベンチに座る。

急に睡魔が襲い、仮眠。

声をかける元気もなくなり
ベンチで始発を待つ。

そういえば、今回無視がなかったなぁ。
無精ヒゲにも関わらず、声かけた女性
すべてと番号交換した。

いくつかの要因が考えられる。
筋肉質な肉体と、無精ひげがマッチ
していたのが良かったのかもしれない。
あとは、自信のある態度と、
楽しい会話が興味を引きつけた。

また季節の影響も大きい。
夏が、女性の心を開放させている。
天気と心理は、密接な関連性がある。

真山のコンサルでは、女性の猜疑心を

・・・

更に詳しい続きは、こちらをクリック

http://form.os7.biz/f/4f7ef66b


教え子のW大学院生S君の奮闘記

http://ameblo.jp/s-graduate/entry-10973662063.html


今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう。

ナンパ実践記 21歳セクシーナースを連れ出しキス

どうも、真山です。

今日は、ナンパ実践記 21歳セクシーナースを連れ出しキスを
紹介します。


■■ 

~終電を逃した、続き~

7月10日(日)

0時

喉が渇いたので、
ドンキに水を買いに行く。

購入後、店を出た時、
ホットパンツの似合う、
かわいい女性と一瞬目が合う。

これはイケると、センサーが反応。
少し尾行してから、声のかけやすい
ポイントでナンパする。

ツカミトークで和ませてから、
一般トークに切り替える。

真山「これからどこ行くの?」

サキ「帰る途中」

真山「近いんだ?」

サキ「歩いて15分くらい」

真山「一人くらし?」

サキ「同棲している」

真山「結婚するの?」

サキ「いや、まったく考えてない」

真山「男友達多そうだね?」

サキ「うん。家に遊びにきたりする」

真山「えっ、彼がいるのに?」

サキ「まったく干渉しないから」

真山「彼、男友達と面識ないんでしょ?」

サキ「うん、しばられるの嫌いだから」

話している最中、チラチラ
真山の腕を見る。
たぶん筋肉が好きなのだろう。
貞操観念の緩さと、筋肉好きなので、
即日ゲットを確信する。

真山「これから1杯飲みに行こうよ」

サキ「もうすぐ、彼がくるから」

真山「そうなんだ。休日は土日?」

サキ「うん」

真山「じゃあ、来週の土曜飲みに行こう」

サキ「来週は約束がある」

真山「じゃあ、再来週は?」

サキ「いいよ」

再来週、待ち合わせの時間を決めて
別れる。

ドンキから駅方面に向かっている途中、
反対側の歩行者からミニのワンピース
似合う女性を見つける。

さっそく道路を横切る。
声をかけようとしたが、
彼女はコンビニに入ってしまった。
出てくるまで待機。

数分してから、出てきたので、
さっそく声をかける。

試しに、最近あみだした
ツカミトークを使ってみる。
彼女の顔から笑みがこぼれる。
近くで顔を見たら、
思った以上に可愛く、テンション上がる。

もしかしてキャバなのか?
疑念が生まれたので尋ねる。

真山「仕事中?」

Y美「うん、仕事」

真山「どこで働いてるの?」

Y美「スカウト?」

真山「違うよ」

Y美「ナンパなら無理なんで」

真山「違うって!」

Y美「今日、何人目?」

真山「今日はじめて。あっ、今までで初めて(笑)」

もっと和ませたかったので、
わざと間違えたフリをする。

Y美「(笑)、あっちに、もっと可愛い子いるから」

真山「実はね・・・」

かわいかったので、
ここは気合いを入れて、
最近お気に入りの会話を投下。

Y美「ははは」

かなりウケてる。
勢いにのり、さらにたたみかける。

Y美「じゃあ、友達が来るまでね?」

真山「男?」

Y美「うん。そろそろ来る」

手をつなぎ、飲み屋に入る。
この感触で、キスまでイケると確信する。

真山「どこで知り合ったの?」

Y美「クラブだよ」

真山「よく行くんだ?」

Y美「最近、行くようになった」

真山「六本木?」

Y美「うん、あとアゲハとか」

真山「アゲハ行ったことないから、今度一緒に行こう」

Y美「いいよ。これから会う友達は、そこで知り合った」
  「でも、顔覚えてないんだよね」

真山「え~、それでよく会えるね」
  「俺の顔、しっかり覚えててね(笑)」

Y美「大丈夫(笑)」

Y美の手を握り、ジーと瞳を見つめる。
顔を近づけホッペにキス。
嫌がらなかったので、そのまま唇へ。
数秒ディープキス。

Y美「だめ」

真山「来週の土曜会える?」

Y美「友達とクラブ行く。一緒にくる?」

真山「行かない(笑)」

Y美「あ~、ふられた~、もういい」

真山「会うなら二人きりで会いたいから」
  「じゃあ、再来週は?」

Y美「いいよ」

会う日時を決める。
彼女はナースで、寮に入っているとのこと。

真山「患者と付きあったりしないの?」

Y美「ありえな~い。周りでもいない」

真山「都市伝説なんだ?(笑)」

Y美「うん(笑)」

こんなカワイイナースがいるなら、
入院生活も楽しそう。

酒を飲んでいたので、忘れていないか
再確認をする。

真山「俺の名前は?」

Y美「○○くん」

真山「会う日時は?」

Y美「○○日○○時」

真山「ちゃんと覚えてるね(笑)」

男友達から、渋谷に着いたと
連絡が来る

真山「キャンセルしちゃえよ」

Y美「つまらなかったら電話するね」

男友達と会わなかったら
即日ゲットできた物件
真山が、当て馬のようで悔しい(笑)

しばらく一人で飲んでいたら、
ミニスカセクシー美人が男と店に入ってきた。

・・・

更に詳しい続きは、こちらをクリック

http://form.os7.biz/f/4f7ef66b


教え子のW大学院生S君の奮闘記

http://ameblo.jp/s-graduate/entry-10973662063.html


今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう。

ナンパ実践記 新垣結衣似の清楚系美人を連れ出し

どうも、真山です。

今日は、ナンパ実践記 新垣結衣似の清楚系美人を連れ出しを
紹介します。


■■ 

2011年7月9日(土)

渋谷21時30分

ナンパコンサルのため、
トラさんと待ち合わせ。

早めに到着したので、
ツタヤで本を読む。

しばらく、本を読んでいると、
トラさんからメールがくる。

仕事が終わったので、今から
伺いますと。

ツタヤの6階にある本屋で合流。

カフェで、お茶をするため、
エレベーター待ち。

隣に、新垣結衣みたいな、
かわいい女性もエレベーター待ち。

声をかけたい衝動にかられたが、
今日は、コンサルなので我慢する。

エレベーターで1階まで降り、
カフェに向かうが、諦めきれず、
トラさんに許しを貰い、
ガッキー似をナンパする。

知人から、学校のパンフレットにのせる
清楚系美女を紹介して欲しいと
依頼もされていたので、
スカウトも兼ねてのナンパ。

彼女はモデルに興味がないとのこと。
それは、どうでもいいので、
とりあえず、お茶に誘う。

お金をATMで降ろしたいと言うので、
一緒にコンビニに行く。
UFJは、何故か降ろせないらしい。

仕方がないので、
お茶代を出してあげる。

30分ほど、お茶をしてから、
ドーナツを食べに行く。

真山「もしかして、10代?」

E子「え~、そんなに若く見えます?(笑)」

真山「うん」

E子「20代です」

真山「見えないね。今日はショッピング?」

E子「はい」

真山「何買ったの?」

E子「ワンピースです」

E子は仕事帰りで、渋谷の109で
買い物してから、
ツタヤで雑誌を購入しようとしたのだが、
お金が足りないので、ATMで、
お金を降ろしたかったそうだ。

クリスピードーナツ店が22時30分で
閉店なので、数分しか会話できない。
店選びに失敗した・・・

彼女は、明日も朝早く仕事らしいので、
そのまま改札まで見送る。
番号交換をして別れるが、脈は薄い。

フックの引っ掛かりが弱い。
2店とも対面の席になってしまい、
距離を縮められなかった。
隣の席も気になるので、
心を開かせることが難しくなる。

カフェ店選びも重要だ。
横並びで座れる店を見つけるまで
妥協するべきでないと、
あらためて実感した。

彼女と別れてから、
トラさんにメールする。

帰ってしまったかと思ったが、
30分後に、
すみません、気付きませんでしたと
返信がくる。

23時合流。

真山「ごめん。知人が、あんな感じの清楚系美人を
   紹介して欲しいと頼まれてたので」

トラ「それにしても、スゴイですね」

真山「でも、次回ないな(笑)」

トラ「カフェに入るまで、あとつけたんですが」

40分ほど、立ち話。
トラさんの仕事の近況報告を受ける。
ナンパが、かなり仕事に役立っているそうだ。
ナンパは、人間観察に最高とのこと。

マインドやテクニックを短い時間で話す。
ツカミのセリフを数パターン伝授する。
短い時間だけど、勉強になったと感謝される。

もう少し、ゆっくり教えてあげたかったが、
終電時間がギリギリ。

女の家で、ほとんど寝ていなかったから、
今日は、自宅でゆっくり眠りたかった。

短時間しか会話ができなかったことを
あやまり、駆け足で改札に向かう。

1分遅れで、終電を逃す・・・
今日は朝までコース。
駅員に終電を逃したことを伝え、
改札を開けてもらう。

深夜の冬だと体力の消耗が激しいが、
夏だと夜風も心地よく、
夜が明けるのも早いので、消耗が少ない。

せっかくなので、ナンパをしよう。

・・・

更に詳しい続きは、こちらをクリック

http://form.os7.biz/f/4f7ef66b


教え子のW大学院生S君の奮闘記

http://ameblo.jp/s-graduate/entry-10973662063.html


今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう。

ナンパコンサル 40代の既婚者オヤジでもナンパできる!

どうも、真山です。

これから、コンサルしてから、女の家に泊るので、
明日の投稿は休みます。

今日は、ナンパコンサル 40代の既婚者オヤジでもナンパできる!を
紹介します。


■■

2011年8月12日(金) 

渋谷19時

今日は、新規のナンパコンサル。
Iさん、一部上場企業に勤める
40代の既婚者だ。

Iさんの要望は、仕事帰りに、
20歳前半の美人巨乳を即日ゲット
できるようになりたいとのこと。

かなりハードルが高い。
ターゲットとの年齢が離れるほど、
不利になる。
それは、年齢が離れるほど、
ターゲットの親と年齢が近くなるからだ。

世間体も気にするし、若い女性は、
父親を好いていない人が多い。
だから、父親と年齢が近いという、
共通点が敬遠される。

また、既婚者なのも、不利な点。
Iさんは、素性を女性に明かしたくないとのこと。
だから、一部上場企業の名刺を渡すという
行為も封印しないといけない。
できれば、連絡先も交換したくないらしい。

女性からしてみれば、
既婚者との関係を続けても、先が無い。
仲が深まるほど、辛くなるのだから、

そんな難しい問題を突きつけられたが、
それを解決することも、楽しい。

仕事帰りにナンパをしたいとのことなので、
仕事に着ていく服で、一番カッコイイと
思う格好で、来てくれるようメールした。

何度かメールのやりとりをする。
コンサルをしている、大学院生のS君の
話も聞いてみたいとのことなので、
S君とも待ち合わせをする。

19時、待ち合わせ場所に、
3人が揃う。

Iさんは、40代に見えない。
実年齢より若くみえる。
思った以上に背が高く、がっしりしている。
ファッションは、まあまあ。
バッグが気になったが、それは次回購入してもらう。

背が高く、ガタイも良いので、
コーディネートで、もっとカッコ良くなると確信。
女の食いつき度合いが変わるのを、
すぐ実感するはずだ。

服装で、ここまで女の反応が違うのかと
実感してもらうために、今日は、着てきた服で
ナンパをしてもらう。

まずは、スクリプト作りのため、ヒアリング
Iさんに合ったセリフを考えるためだ。

恋愛商材や本など買って勉強しても、
上手くいかない理由は、その人に合ったやり方
実践できていないから。

草食系の人が、強気で攻めても、
すぐにメッキが剥がれる。
また、ドSのオラオラ系が、
弱気系で攻めても、違和感がある。

コンサルの強みは、その人の性格に合った
やり方に、カスタマイズできることだ。
だから、結果を出すのも早い。

真山「今まで、恋愛商材など購入しましたか?」

I「ええ、○○さんのとか」

真山「ストリートの経験は?」

I「まったくないです。でもクラブでは、
  何回かあります。ディープキスまでは成功しました」

真山「Iさんの、歩んできた道を軽く聞かせてください」

I「歩んできた道ですか?」

真山「どんな学生生活を送ってきたのか?」
  「自分で得意だと思う趣味とか」

I「う~ん」

真山「例えば、ここにいるS君は、W大学院生で、
   ○○(スポーツ)でも優勝経験があります」
  「その長所を組み込んだ、セリフを考えています」

I「あ、後輩ですね(笑)」

真山「そうなんですか?」

I「○○学部です。そのあと○○大学院に進みました」

真山「最近、W大学出身者とばかり知り合います(笑)」

S「じゃあ、結構有名な会社に勤めてるんですか?」

I「まあ(笑)」

真山「海外主張とかもありますか?」

I「何度かあります」

このあとも、10分くらい趣味、嗜好を聴きだす。
ある程度、Iさんの長所が分かってきたので、
セリフを考える。

仕事帰りにナンパをしたいとのことだから、
仕事をキーワードに入れて、
ひらめいたセリフを話す。

真山「流れは分かりました?」

I「はい。面白いですね(笑)」

真山「じゃあ、早速やりましょう」

I「えぇ、もうですか!?」

真山「時間がもったいないので」

I「心の準備が」

真山「大丈夫です。最初は皆、頭が真っ白になるので(笑)」
 
あたりを見回すと、手ごろな女性を発見。
タバコを吸って、休憩していたので、声をかけるように
指示をだす。

真山「あっ、あの女性、行ってください」

・・・

更に詳しい続きは、こちらをクリック

http://form.os7.biz/f/4f7ef66b


教え子のW大学院生S君の奮闘記

http://ameblo.jp/s-graduate/entry-10973662063.html


今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう。

ナンパマインド 雨の日のナンパが難しい理由

どうも、真山です。

今日は、ナンパマインド 雨の日のナンパが難しい理由を
紹介します。


■■ 

人間の感情は天気にも影響される。

なので、

晴れた日と雨の日では、
ナンパの成功確立が違ってくる。

雨の日は、ストリートナンパが難しくなる。

なぜなら、

雨の日は、2点、障害が発生するから。
心理的障害と物理的障害だ。

心理的障害とは、
雨の日、足元が汚れることで、
女性が不機嫌になっている状態のこと。

声をかける前から、
女性はマイナス感情になっている。
そこへ声をかけると、
八つ当たりされる可能性が大きい。

なぜなら、

人は誰でも、不安やイライラを吐き出して、
安心したい欲を持っている。

心理学で言う、カタルシス効果。

靴の汚れで、イライラしているストレスを、
あなたにぶつけて、心を落ち着けようとする。

わざわざ、火中の栗を拾う必要もない。

それに、マイナス感情からプラス感情に
変化させることは、困難だ。

心理学にムードの一貫性原理というのがある。
楽しいムードのときは、どんな人も素敵に見え、
イヤなムードのときは、どんな人もイヤな人に見えてしまう。

そのときのムードによって、あなたへの評価が違ってくる。

オーストラリアの心理学の実験で、
映画を見たばかりのお客を映画館のロビーでつかまえ、
「あなたは、どれくらい人生に満足していますか?」とたずねた。

ハッピーな映画の場合、
「私は非常に満足している」と答える人が多かった。
映画を見てハッピーな気分になった人は、
自分の人生までも好意的に評価した。

反対に悲しい映画の場合、
「私の人生は、そんなによいものではない」という
答えが多く返ってきた。

楽しそうに歩いている女性に声をかけると、
反応が良い。

たとえば、
お酒を飲んでいて、気分が高揚している女性に声をかけると、
笑みを浮かべ、話を聞いてくれることが多い。

断るとしても、傷つくような断り方をしない。

だから、あなたは、テンションを高く維持したまま、
次のナンパに臨める。

ナンパは自分のテンションと、
女性のテンションの両方を高める必要がある。

あなたのテンションが高いと、
女性も釣られてテンションが高くなる。

テンションが高くなった女性は、
あなたとの会話が楽しいと感じ、
プラス感情になる。

プラス感情にならなければ、
女性がついてくることは、ない。

感情は乗り移る。

特に女性は感情移入し易いので、
あなたが楽しいと思うことが、とても重要だ。

雨の日の、もう1つの障害、
物理的障害とは、
傘があることで、接近して話すことが困難になる状態。

あなたと女性が、それぞれ直径60センチの傘を
さしているとする。
女性と並んで話す距離は60センチ。
60センチのスペースが、
女性との親近感を深める障害になる。

親近感を深めるには、近くで話す必要性がある。

誰もがパーソナルスペースを持っている。
パーソナルスペースとは、縄張りみたいなもの。

相手に対しての好意によって、拡がったり狭くなったりする。
好意的な男性ほど、女性のスペースが狭くなる。

親しい人とは、近くで話す。
近くで話をする人は、親しい人。

だから、
ナンパでは、できるだけ近くで話をするように心がける。

「近くで話しているから、好意的な男性なんだ」と、
脳の錯覚を利用しているのだ。

ナンパの成功は、パーソナルスペースを狭め、
最終的に無くしてしまうこと。

傘があると、傘が邪魔で、スペースを狭める事ができない。

心理的距離は、身体的距離と比例している。
身体的距離があるため、突っ込んだ話がしにくく、
女性も心を閉ざしたままになる。

だから、
雨の日は、ストリートナンパが難しくなる。

晴耕雨読。
雨の日は、知識を増やすため、読書しよう。

しかし、

ピンチはチャンス
雨の日は、ライバルが少ないので、スイートスポットを
発見できれば、入れ食い状態に持って行ける。

・・・

更に詳しい続きは、こちらをクリック

http://form.os7.biz/f/4f7ef66b


教え子のW大学院生S君の奮闘記

http://ameblo.jp/s-graduate/entry-10973662063.html


今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう。

ナンパ過去日記 2度目のコンビナンパ

どうも、真山です。

今日は、ナンパ過去日記 2度目のコンビナンパを
紹介します。


■■ 
4月4日

渋谷
18時。

もう4月だというのに、やたら寒い。

R君、D君と待ち合わせ。

R君とは久しぶりの再会。
D君は、初対面。

D君は、俺と気が合いそうだから、
R君が連れてきたとのこと。

3人で、穴場的な居酒屋へ向かう。

D君と自己紹介しつつ、
R君に最近の近況報告。

D君は、ナンパはそんなにしないらしいので、
教えてほしいとのこと。

居酒屋で、飲んで、食べて感じたこと。
D君は、ものすごく、気配り上手。

俺が、飲み終わった瞬間に、
サッと、メニューを渡す。

つまみが、食べ終わる瞬間に、次の料理を、
適当に注文する。

すごいなぁと、感心。
一気に好感度が上がる。

ナンパの話になり、俺が良く行く店や、
美容院などを話したら、D君は、すぐ、メモる。

研究熱心だし、気配り上手だし、
女性、男性にもモテるのが分かる。

D君モテるでしょ?って聞くと
D君は謙遜して、否定するけど。

男に好かれる人って、女にもモテるんだなぁと、
あらためて、感じる。

楽しく会話してる最中、巨乳が横を通りすぎる。

思わず、センサーが反応。

たぶん、トイレだろう。

2分くらいしてから、俺もトイレ(笑)

ちょうど、巨乳がトイレから出てきたので、
すかさず、声かけ。

俺「いきなり、ごめん」

女「?」

俺「素敵な人が通ったと思ったから、
思わず、ついてきちゃた」

女「笑」

俺「なんの集まり?合コンしてるの?」

女「いやー、合コンじゃないんだけど、
私もよくわからない」

俺「なに、よくわからないって(笑)」

俺「今度、合コンしようよ」

女「なんか、名刺あります?」

俺「俺、名刺ないから、名刺ちょだいよ」

女「名刺、席に置いてある」

そこへ、ちょうど、R君がトイレに行くため、
俺の前に現れる。

俺「R君、名刺ある?悪いんだけど、R君の
名刺持ってきてくれる?」

R君が、名刺を彼女に渡す。
すかさず、R君の名刺の裏に、俺の番号を記入。

R君「俺の名刺に・・・ひでえなぁ(笑)」

俺「じゃあ、どっちでもいいから、後で連絡チョーだい」

で、

席に戻る。

R君いわく、絶対ナンパしてると思ったから、
様子を見に来たらしい。

R君は、女から連絡きそうなこと言ってたけど、
俺は、厳しいと話した。

女の連絡先を聞けなかったので、
女から連絡はかかってこないだろうと。

女も酒を飲んでたし、聞く体制にもなってたから、
結構、いい感じで話してたんだけど、
一緒に飲んでる男2人がトイレ近くで話している
俺達とすれ違ったので、そこから、
周囲の目を気にするようになってしまった。

巨乳女が席に戻り、さっきトイレですれ違った男に、
知り合いなのと、さかんに聞かれている。

「ナンパ?気を付けろぉ」なんて善人ぶってるけど、
一緒に飲んでる男たちも、巨乳を狙ってるみたい(笑)

日曜の居酒屋は空いてて、くつろげる。

いい穴場を教えてくれたR君に感謝。

2件目に、アイリッシュハブへ。

適度に混んでる。
ざっと見渡した感じ、声かけたい女性がいない。

R君いわく、土曜日は、すごく込み合ってたらしい。
だから、ナンパし放題だったんじゃないかと。

しばらく、談笑。

女も、店に入ってきそうもなかったから、
外へでて、D君と一緒にハンティングへ。

コンビナンパは、一度失敗したから、いいイメージが
なかったけど、D君を気にいってるので、とりあえず、
一緒にナンパ。

センター街近辺で、二人組、四人組を次々ナンパ。
D君は、声が大きいので、みんな見るから、恥ずかしい(笑)

ナンパ、そんなしないと言ってたのに、うまい。
俺とは違った声のかけ方だけど、おもしろい。

D君のは、いかにもナンパです、みたいな声のかけ方なので、
俺が、失ってた本能みたいのが呼びさまされ、
ものすごく刺激された。

コンビナンパは、相手のことを好きでないと、
一緒に、やってても面白くない。

D君のおかげで、コンビナンパの面白さを発見できた。

でも、

コンビナンパの成功確率は低い。
女の一人が乗り気でも、乗り気でない方が、足をひっぱる。

ナンパ初心者には、仲の良い友達と一緒にやるのも、
ゲーム感覚みたいで、楽しめると思う。

結局、成果は無く、店へ戻る。

D君とアドレス交換。

終電間近なので、二人とお別れ。

翌日、D君に、お礼メール。
すぐに、返事がくる。

絵文字も、いいかんじに散りばめられていて、かわいい。
D君、モテるだろうなぁと、あらためて感じた。

結局、男も女も関係ない。
男に好かれる人は、女にも好かれるし、
女に好かれる人は、男にも好かれるんだろうね。

・・・

更に詳しい続きは、こちらをクリック

http://form.os7.biz/f/4f7ef66b


教え子のW大学院生S君の奮闘記

http://ameblo.jp/s-graduate/entry-10973662063.html


今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう。

ナンパ過去日記 40代のハゲオヤジが初めて銀座でナンパpart2

どうも、真山です。

今日は、ナンパ過去日記 40代のハゲオヤジが初めて銀座でナンパpart2を
紹介します。


■■ 

昨日の続きから、


40過ぎた、ハゲメンが、
初めて、ストリートナンパをしてみて、

その結果・・・

2人に声をかけて、2人とアドレス交換。

すごい(笑)

2戦2勝。

俺の話を聞いて、触発されたみたい。

お酒も、少し飲んでいたので、
気が大きくなったとのこと。

1人は、信号待ちの交差点で声をかけ、
すんなり、アドレス交換。

もう1人は、タクシー待ちをしていて、
前に綺麗な女性がいたので、普通に雑談。

タクシー待ちの女性も酒を飲んでいたので、
話が弾んだらしい。

30代の人妻で、美容関係の仕事をしているから、
年齢の割に、綺麗みたいだ。

まわりに、30代で独身が結構いるみたいなので、
だれか、紹介してとのこと。

話をしていると、帰りの方向が一緒なので、
相乗りしたそうだ。

機転がきいて、良く相乗りに持っていけたと思う。

接触時間が長くなるのに比例して、
次回会える確立も高くなる。

女性が下車する際、2000円をハゲメンに支払う。
メーターは、1700円らしかったが、次回会うときに、
お釣りを支払えば良いと考え、そのまま受け取る。

それが、良くなかったみたいで、

ハゲメンが翌日メールしたときに、
あなたは、試験に不合格したみたいなことを書かれた
メールの返信がきたとのこと(笑)

女が、このようにテストを仕掛けてくるのは、
「私の方が、価値が高い」と思っている証拠。

男の方が、価値が高いと思わせる会話を
しないと不利になる。

男がテストをしている試験管のように
振る舞わないといけなかった。

女に価値の高い男と思わせることができれば、、
女は、すすんでお金を支払う。

今回は、うまくいかなかったけど、
声をかけた、勇気はスゴイ。

友達は、マグレだと言っていたが、
声をかけなければ、仲良くなることもない。

宝くじも、買わなければ、当たらない。
ハズレる、リスクがあっても、
買うから、当たる可能性がある。

ナンパも一緒で、声をかけなければ、
番号交換すら、できない。

お金も、命も無くすわけではないのだから、
勇気を持って声をかけるべき。

結局、ナンパは、やったもの勝ちだ。
先に声をかけたものが、いい女をゲットできる。

常に失敗から学んで、上達する。
行動しなければ、そこに学びは無い。

上手くいったときは、どんどんナンパを続ける。
気分が乗らないときは、早めに引き上げる。
ナンパは、その日限りで終わるわけでないのだから。

調子が良いときには、どんどん声をかける。
そして、たくさん、成功体験を刻みつけろ。

寝る前に、成功体験を、強くイメージし、
たくさん、快楽ホルモンを分泌させる。

そこに、謙虚さは必要ない。
運が良かったとか、思う必要は無い。
成功を否定する感情は排除すること。
ただ、勝利を味わえばよい。

で、

上手くいかないときなどは、すぐに、
成功体験を思い出せるようにする。

それでも、上手くいかないときは、
さっさと家に帰って、早く寝てしまえ。
起きたら、悪い記憶も消えている。

・・・

更に詳しい続きは、こちらをクリック

http://form.os7.biz/f/4f7ef66b


もう少しでゲットできそうな、
教え子のW大学院生S君の奮闘記

http://ameblo.jp/s-graduate/entry-10973662063.html


今日も最後まで読んでくれて、どうもありがとう。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。